T様 ニッサン レパード 車検整備を進めていきます。

ウォーターポンプ、タイミングベルトを交換するのでまずはラジエターを外して作業スペースを作ります。

アッパーホースハウジング、サーモスタットハウジングを外してアッパータイミングケースカバーを外しました。

クランクプーリーを特殊工具にて引き抜いてロアタイミングケースカバーを外すとタイミングベルトの全容を見る事ができます。

ウォーターポンプを外すためにタイミングベルトを外します。 外してしまうのでタイミングベルトが交換になります。

新品と比べるとだいぶくたびれてますね

古いガスケットを取り除いて(これが大変!)新しいウォーターポンプを取り付けします。

タイミングベルトを外すときに水温センサーカプラーを外すとセンサー端子が腐食していました。

カプラー側も腐食しているので水温センサーとカプラーを交換予定です。 こいつのせいでたまにカブッていたんですね!

関連記事