M様 トヨタエスティマ CVTオイル交換でご来店です。

こちらの車両はディプスティックが付いていなくフィラープラグからオイルを注入していくのでオイルを抜く前にフィラーボルトを緩めます。 フィラーボルトは左フロントタイヤの奥のカバーを外すと出てきます。

オイルパンにドレンボルトが付いていないので油量をチェックするオーバーフローボルトを外してオイルを抜きます。

オーバーフローボルトを外すと奥にオーバーフローチューブが入っているのでこちらも外します。取り付け時には規定トルクで締めないと油量が多かったり、少なくなってしまったりするので注意して下さい。

抜いたオイルの量と同量のCVTオイルを補充してOBDカプラーを短絡させてエンジンを始動して規定のシフト作動をして油温検出モードにします。

油温検出モードにするとメーター内のシフトインジケーターが点灯や点滅して現在油温が何度なのかを教えてくれます。Dが点灯しているときにオイル量をチェックして補充したり抜いたりします。

S様 ホンダオデッセイ セルモーターが入荷したので交換するためにリフトに入れようしたのですがセルモーターが完全に動かなくなってしまいましたので 雨も降っていなかったので外で作業しました。

インマニのしたにセルモーターがありますので手前側のサージタンク部のインマニを外します。

インマニを外すとセルモーターが出てきますので配線2本とボルト2本外せば簡単に外れます。

入荷したセルモーターの形が違ったので問い合わせすると間違いないとのことでしたので取り付けします。

ウォーターパイプとのクリアランスが狭かったですが無事に取り付け出来ました。 スターターを付けたところで雨が降ってきてしまったのとお客様がご来店されましたので今日はここまで! 明日雨降らないと良いなぁ・・