積載車のカスタマイズで、大型の工具箱を設置するためワンオフのステーを製作しました。
この場所は純正の小型BOXが設置されていましたが。2廻り以上大きめの工具箱を取り付けることにしました。

重量を確保するため、箱の内側からロの当て板でブラケットと挟み込んで取り付けます。

こちらは、元々ついていた純正のBOXを移設するためのステーです。こいつが一番お金かかりました(笑)
後はボルト購入してボックスの取付して終了です。

ご協力いただいた新野製作所の皆さん、スペシャルサンクスです。